ホーム > 浜松市認定協とは

浜松市認定協とは

浜松市認定協とは

浜松市認定農業者協議会は、はままつ農業を担う、農のプロフェッショナルチームです。

浜松市の農業について

浜松市は、実は、全国有数の農業のさかんな街。
浜松の農業の強さは、通年作物ができる温暖な気候、多様な地形、豊富な日照量、大都市へアクセスの良さなどの恵まれた環境に加えて、先人たちのチャレンジ精神のたまものです。

何でも揃う!?  ズラリ177品目 なんでも揃う!?浜松の産物でフルコースもつくれます。このバリエーションが浜松農業の自慢です。農家戸数11,954戸、専業農家数は2,143戸で、全国トップです。(2015年 農林業センサス)産出額全国4位!※平成18年データ…以後統計がありません

「認定農業者」とは?

認定農業者制度は、農業を職業として選択する意欲ある人を応援する、というものです。
自らの経営の改善・発展について、5ヵ年計画を立て、市町ごとに定めたモデル※の水準に達することが見込まれる場合に、市町が認定します。
※「農業経営基盤の強化の促進に関する基本構想」に掲載

浜松市では、現在、会社や組合などの法人も含めて、約1,130の認定農業者がいて、さまざまな形の農業を営んでいます。

作目で言えば、果樹や野菜、お米、お茶、花、植木などに加え、酪農・肉牛・養豚・養鶏などの畜産農家も…じつにバリエーション豊か。
多彩な浜松農業の最前線でがんばっています。

認定農業者になるには

まずは、市の担当課に御相談ください。相談先等詳しくはこちら

現状や将来目標のお話を伺いながら「農業経営改善計画(5ヵ年計画)」の作成をいっしょに検討させていただきます。
「農業経営改善計画認定申請書」を提出していただきます。 農業関係機関代表者の方による認定会議の審議を経て、認定されます。
認定農業者に認定されたら、認定農業者協議会の活動にもぜひ参加しましょう!

認定農業者協議会のこと

支部

中央支部
会員数 115
主な作目 セルリー、チンゲンサイ、ハネギ、メロン、ばれいしょ、米、など作目は多種多様です。
意欲のある就農者への農業経営指導など、次世代農業者の育成を中心に活動しています。

活動報告へメンバー紹介

西支部
会員数 250
主な作目 セルリー、チンゲンサイ、ハネギなどの施設野菜やタマネギなど野菜、ガーベラ・菊などの花…
なんでもそろう浜松市!の中でも特に多彩です!

活動報告へメンバー紹介

北支部
会員数 107
主な作目 果樹、畜産、水稲、施設野菜、花卉、露地野菜など。都田のピオーネや三方原の馬鈴薯が有名です。 北支部は、初生町、東三方町、三方原町、豊岡町、大原町、三幸町、都田町、新都田、鷲沢町、滝沢町の農家さんの集まりです。

活動報告へメンバー紹介

浜北支部
会員数 100
主な作目 植木、柿、ナシ、水稲、酪農 などなど
全国有数の植木のまちであり、次郎柿の名産地・浜北区では、若手グループが積極的に活動しています。

活動報告へメンバー紹介

天竜支部
会員数 85
主な作目 お茶、じねんじょ、しいたけ、ちんげんさい などなど
透き通って、香り高い天竜区のお茶は、寒暖差のある山間地で育まれています!

活動報告へメンバー紹介

引佐支部
会員数 71
主な作目

果樹、花卉花木、畜産、お茶、水稲、施設野菜など。緑と花のまち「いなさ」。ほおずきの栽培が盛んです。
「おんな城主直虎」ゆかりの地、「井の国 いなさ」へようこそ!

活動報告へ

細江支部
会員数 79
主な作目 果樹、水稲、お茶、畜産、施設野菜、花卉など。白柳ネーブルは細江町で生まれた品種です。
天皇陛下御一家が夏に細江町で御静養されていたことから、「温州みかん」は昭和44年以降、「白柳ネーブル」は昭和57年以降、毎年(昭和天皇御崩御の年は除く)献上されています。
(写真は献上みかんの箱詰め作業風景です)

活動報告へ

三ヶ日支部
会員数 313
主な作目 果樹、畜産、水稲、花卉花木、野菜など。
特に有名なのは、もちろん「三ヶ日みかん」。一番の知名度です。
みっかび牛もおいしいブランド牛です。

活動報告へ

地区協議会

アグリカルチャークラブ(浜北区)活動報告へ 春野町農業経営振興会活動報告へ

支部エリアマップ

ページトップへ